四角い方が都合がよい印鑑

社印イメージ

社印という単語を聞きなれないと言う人も多いのではないでしょうか?社印は個人では使うことのない印鑑ですから、聞きなれないと言う人も多いと思います。
社印と言うのは会社で使われる印鑑の一種で、角印と呼ばれることもあります。

会社で使われる印鑑には代表社印という会社にとっての実印や、個人でも聞き覚えのある銀行印もあります。
代表印、銀行印、そして社印の三つが、会社にとって良く使われる印鑑です。
個人でも、実印と銀行印、認印の三点セットがありますよね。
それと同じく、会社にとっての三点セットと言っても良いでしょう。

ちなみに会社で使わる印鑑で角印といえば社印(認印)、丸印と言えば代表者印や銀行印と区別されることが多いです。
言ってみれば個人の認印にあたるものが、会社にとって社印なのですが、社印は個人の認印とは形が異なるほか、使われ方も少し違ってきます。

社印は実印よりも大きくつくられることが多く、先ほども記述した通り四角形の印鑑であることが多いです。
個人では認印も丸印ですが、社印は会社名を載せることもあり、四角い方が都合がよいのでしょう。
社印の一般的な大きさは21ミリから24ミリですが、15ミリから30ミリまでさまざまな大きさでつくることができます。

社印は会社の認印のようなものですから、当然使用頻度は高く、簡易契約書や請求書など、さまざまな書類に押されることが多いです。
そのため破損する可能性も高くなりますから、材質は丈夫なものを選ぶようにすると良いかもしれませんね。

ページの先頭へ