取り扱いには注意

社印イメージ

会社の認印とも言われている社印ですが、社印にはどんな効力があると思いますか?
社印は通称で角印と呼ばれることもある印鑑で、その会社の名前が彫られている印鑑です。

そのため、請求書や領収書、簡易契約書などに押し印されることが多いです。
言ってみれば社印は、会社にとっても認印のようなものですので、社印の効力はあまりないと言ってもよいでしょう。
法律上でもあまり意味を持つような印鑑ではありませんので、代表者印などと比べれば、ほとんど効力はありません。
なので、もし同じ書類でも、代表者印のものと角印だけのものがあれば、代表者印が押されている書類の方が、法律的に効力を発揮するでしょう。

もし角印を会社の実印として登録しているのならば別ですが、昔からの習慣で実印は丸印としている会社が多いので、一般的に角印はあまり力を持っていないのが普通なのです。
ですが社印はその会社の名前が彫られているものですから、もし何かしら誰かに悪用されてしまった場合、実際その会社の誰もが押したと言う事実がなかったとしても、その会社の誰かが押した、という推定をされてしまうことになってしまう可能性があります。
そうなれば、たとえ事実無根だったとしても何かしら会社の責任や、不利益になってしまうこともありますから、あまり法律上効果の無い印鑑だったとしても、取り扱いには注意しなければいけません。

会社にとって認印程度だったとしても、会社の印鑑であることには変わりないということを忘れてはいけないのです。

ページの先頭へ