会社印も登録の手続きが必要

代表者印イメージ

会社印には、実印と呼ばれる代表者印、銀行印、角印と呼ばれることもある社印の三つがあります。
このうち代表者印は会社設立の時に法務局に印鑑登録をしに行かなくてはいけません。
銀行印も、同じように銀行に登録が必要になります。
個人が市役所などに印鑑登録をしにいくのと同じで、会社印も登録の手続きが必要になります。

では、社印はなにか手続きが必要なのかというと、こちらは特別登録申請などは必要ありません。
しかし、もし社印を変更した場合は、会社内で改印手続きが必要になります。
これをしないと、社印を使う時に間違って前の社印を使ってしまうなどといった混乱を招いてしまうので、必ず行いましょう。

社印は請求書や領収書など、会社内で頻繁に使われる印鑑です。
ですが、使用頻度に比べるとその効力はほとんどなく、個人印鑑で言う認印のような役割をしているハンコです。
個人で利用している認印は、特別市役所などに登録申請したりしませんよね?それと同じで、社印もそういった手続き入りません。
しかしながら、個人で使うのとは違い、会社で使用する印鑑ですから、不特定多数の社員が社印を利用します。 そのため、会社内での手続きは必要となるのです。

しかしながら、社内での改印が必要とはいえ、あまり頻繁に改印になるのも好ましくないので、初めからしっかりとした材質の印鑑にしておくのが無難と言えるでしょう。
個人で使う印鑑も会社で使う印鑑もどちらも手続きがいるものといらないものがありますので、覚えておくと良いかもしれませんね。

ページの先頭へ